低収入女だけど結婚を諦めたくない?解決策を解説!【実体験】

悩む女性

低年収の私は結婚は無理よね。。。

男性陣のリアルな意見を聞きたい。

こんなお悩みを解決します。

経済的な理由で結婚の夢を諦める女性が増えつつあります。

なかには、低収入の壁にぶつかり、「永遠の愛」を手にすることをあきらめざるを得ないケースも。

しかし、果たして本当に「お金」が結婚への全てなのでしょうか。

この記事では低年収女性が結婚するコツや男性代表として筆者の意見も交えて解説していきます。

結論としては次の3つ。

  • 男性は女性の年収より年齢を気にする
  • 低年収でも結婚してる女性は大勢いる
  • 低価格な結婚相談所が良いかも

早速本題いきましょう。

目次

低収入女でも結婚を諦めたくない時に取るべき行動8選

低収入女性であっても、結婚することはできます。

男性ならまだしも女性が高い経済力を求められることはそこまでありません。

低年収でも、他に魅力的な部分が多い女性は結婚できているケースが多いです。

取り組むべき具体的な行動は次の8つ。

それぞれ見ていきましょう。

自己投資に時間を費やす

まずは自己のスキルアップやキャリア形成に励むことが重要になります。

仕事のスキル向上により、収入アップの可能性も広がります。

オンラインコースや資格取得などを通じて、市場価値を高めていきましょう。

また、将来的に子育てと仕事を両立させるために、柔軟性のある職種や働き方を模索することも一つの手段です。

貯金と資産運用を実践

結婚生活を見据え、賢くお金を貯めることが欠かせません。

毎月の給料から一定額を自動的に貯金し、余裕がある際には資産運用にも挑戦しましょう。

投資にはリスクが伴いますが、少額から始めれば学びつつお金を増やせます。

また、将来の計画を具体的にした上で、必要な額を積み立てることが大切です。

経済的価値観が合う相手探し

結婚相手を探す際、収入の大小だけでなく価値観の一致が必要です。

特にお金に関する価値観は生活に大きく影響するため、相手の金銭感覚を理解し、共に節約を楽しみながら貯金へと励める関係性を築くことが要です。

シンプルライフを心がける

モノよりも経験を大切にするシンプルライフは、費用を抑える上で効果的なのです。

無駄な出費を見直し、必要最低限の物に囲まれた生活をすることで、金銭的な余裕が生まれます。

将来の結婚生活においても、お互いの価値観を尊重しながら無理のない範囲で豊かな日々を享受できるはずです。

マネープランの作成

一人ひとりのライフステージに合わせたマネープランの作成は、不安を和らげる上で効果的です。

結婚後の生活を幸せに過ごすためにも、収支計画をしっかりと立て、将来に備えましょう。

たとえば、共働きを前提に家計計画を立てることで、予想外の出費にも安心して対応できます。

健康を守り、医療費を抑える

健康は結婚生活を豊かにするだけでなく、金銭面でも大きな影響を与えます。

バランスの取れた食事や適度な運動を心がけ、定期的な健康診断で体調管理を行うことが重要です。

万が一の病気や怪我も早期発見・早期治療に繋がり、医療費の節約にもつながります。

結婚式や新婚旅行の節約

厳しい経済状況下でも、結婚式や新婚旅行を諦める必要はありません。

シンプルな式や身内だけでの小規模な集まり、国内での静かな旅行など、負担を減らす工夫が求められます。

大切なのは形式に捉われず、二人の新しい門出を祝うことです。

節約生活でも楽しむ工夫

節約は我慢と捉える必要はありません。

お得なクーポンを利用して外食を楽しんだり、発信することで自分のライフスタイルを充実させることも可能です。

幸せな結婚生活のためには、積極的に節約を楽しみ、工夫を凝らすことが肝心です。

低収入女性でも結婚できた人に「結婚できた理由」を取材!

結婚は経済的な面がネックになりがちですが、低収入でも幸せな結婚生活を送っている女性は少なくありません。

そこで、実際に低収入の壁を超えて結婚生活を築いている女性5名に話を聞き、結婚できた秘訣を聞いてみました。

それが次の5つです。

それぞれ見ていきましょう。

恋人との信頼関係を築くことが最重要

結婚においてお金は大切ですが、それ以上に大切なのがパートナーとの信頼関係です。

低収入でも結婚を決断した女性の多くが、相手との深い信頼や理解を重視していました。

彼女たちは、経済的な安定よりもお互いの価値観が合致していること、困難なときに支え合える関係であることを結婚の決め手として挙げています。

家計管理の徹底とお互いの協力

低収入での結婚生活では、しっかりとした家計管理が欠かせません。

取材した女性たちは、無駄遣いをしないようお互いに協力し合い、節約や貯金に励んでいるとのこと。

また、二人で生活の優先順位を決め、必要なものだけにお金を使うよう意識していると話していました。

共同で財布を管理し、お互いに透明性を持たせることで、心配事を減らしているようです。

足りない分は副業や資格取得でカバー

経済的な基盤を強化するために、副業や資格取得に取り組んでいる女性もいます。

本業以外で収入を得られる道を探ったり、スキルアップにより収入アップの機会を増やしているとのこと。

これらの努力により、彼女たちは経済的な不安を少しずつ減らし、より豊かな結婚生活を目指しています。

共通の夢や目標を持つ重要性

共通の夢や目標を持つことも、取材した女性が結婚生活を楽しむ秘訣の一つでした。

二人で将来の計画を立て、小さな達成を喜び合うことで、難しい状況にも前向きに取り組める力が生まれると彼女たちは語ります。

お互いのやりがいを尊重し、共に成長する過程を楽しむことが、絆を深める要因になっているのです。

お金以外での幸せを重視するライフスタイル

お金がすべてではないという考え方を持っている女性もいました。

彼女は、物質的な豊かさよりも精神的な充実を大切にしている様子でしたね。

たとえば、趣味やボランティアなど、お金をかけずに共に楽しめる活動を積極的に取り入れることで、日々の生活に彩りを加えているようです。

互いの時間を大切にし、結婚生活の質を向上させているのだとか。

年収よりも「年齢」を重視される3つの理由

あなたが結婚できない理由は「低年収だから」と思い込んでいるかもしれませんが、実は男性からすると女性の年収よりも「年齢」を気にする人は多いです。

やましょ

実際に筆者も年収よりも「年齢」を見てしまいます。

ここでは、なぜ男性が女性の年齢を重視するのか解説していきます。

詳しく解説します。

27歳で独身はやばい?彼氏なし女が何歳から焦るべきのか結婚率データから徹底解説

あわせて読みたい
独身って何歳からやばいの?27歳独身女は何歳から焦るべきのか。 ○もうすぐ30歳。でも彼氏すらいない…○独身女性は何歳から焦るべきなの? こんなお悩みを解決します。 27歳といえば若さと自由を謳歌する時期です。 しかし、婚活市場で...

妊娠・出産を考えて

女性の年齢が重視される背景には、生物学的な要素が存在します。

特に妊娠と出産においては、女性の年齢がリスクを高める要因となるとされています。

20代後半から30代前半を最も安全な出産年齢とし、35歳以上を高齢出産と定義する傾向が強いです。

これは、高齢になるほど妊娠の確率が低下し、出産時の合併症リスクが上がるからです。

また、子どもの発達にも年齢が影響を与える可能性があるため、結婚相手を選ぶ際には女性の年齢が重要視されるのです。

女性の容姿や若さを重視する文化の影響

美容と若さは女性の社会的価値を図る尺度とされることが多く、メディアや文化の中で若い女性が美しいとされることが、年齢を特に注目させる要因になっています。

広告やエンターテインメント業界において若い女性が美の象徴としてリフレームされる中、この文化的観点が女性の年齢重視に拍車をかけるのです。

若い女性のほうがピュアで素直

年齢を重ねれば重ねるほど、経験値も増え新鮮さもなくなります。

男性は自分が連れていったお店では女性にはしゃいでほしいし、喜んでほしいし、大きくリアクションを期待します。

当然ですが、10代〜20代女性の方が大きなリアクションをしてくれることが多く、愛嬌力も高いです。

このように、新鮮さや愛嬌力が若い女性の人気に繋がっているのです。

低年収女性から人気なのが結婚相談所

筆者は婚活メディアを3年運営してるのでわかるのですが、低年収の女性がなるべく早く結婚するには、コストパフォーマンスが高く信頼できる結婚相談所の利用が一番です。

ここではその理由を4つ紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

女性に年収を求める人が少ない

結婚相談所では、経済力に自信のある男性が自然と集まります。

ざっくり、年収500〜600万円の男性が多いです。

そのため、彼らは女性の年収をあまり気にしません。

それよりも、女性のお金の使い方や価値観を重視する傾向にあるので、きちんと支出を最適化できているかを気にします。

やましょ

「海外旅行」や「ブランド物」など、お金がかかりそうな女性が敬遠されるのはこのためですね。

収入や独身・身元の証明済みで安心

結婚相談所は、入会する際に収入証明や独身証明などの提出が必須です。

これにより、会員同士の信頼性が確保され、安心して相手探しができます。

低年収の女性にとって、モラハラや経済的な問題を抱えた男性に出会うリスクを抑えられる点は大きなメリットと言えます。

マッチングアプリのように、

「実は既婚者だった!」

「ほんとは男性の年収が300万円も低かった!」

このようなことは起こり得ないということです。

マッチングアプリは既婚者だらけ!怪しい時の見抜く心理・特徴10選

あわせて読みたい
マッチングアプリは既婚者だらけ!怪しい時のサイン10選を徹底解説! ○マッチングアプリってなんでこんなに既婚者多いの?○見抜き方とかあれば知りたいな。 こんなお悩みを解決します。 女性の場合、マッチングアプリは無料で使えて便利で...

最初から結婚したい男性しかいない

当然ですが、結婚相談所には、結婚を目的としている男女しかいません。

実はこの、「結婚意識のある男性と出会えてる婚活女性は」かなり少ないです。

僕の経験上、どれだけ良い彼氏でも、どれだけハイスペイケメンでも、

結婚願望がない男性であれば付き合ってる意味はありません。

やましょ

時間と労力を無駄にしないよう、早い段階で結婚意識の高い相手を見つけることができます。

アプリではまともな男性が少ない

一般的な出会い系アプリや合コンでは、遊びやカジュアルな付き合いを求めている男性が多いです。

真剣に結婚を考えている女性にとっては、そうした場所で出会う男性の質が心配。。。

一方、相談所では真剣にパートナーを探している男性と出会えるため、低年収女性には特に推奨される選択肢です。

おすすめはゼクシィ縁結びエージェント

ここまで結婚相談所のメリットを解説してきましたが、どこの相談所が自分に合ってるのかわからないですよね。

しかも、ただでさえ年収が低いので婚活にコストもかけれない。

そこで、おすすめなのが低価格で使えるゼクシィ縁結びエージェントです。

スクロールできます
ゼクシィ縁結び
エージェント
オーネットツヴァイサンマリエパートナー
エージェント
ロゴオーネットツヴァイパートナーエージェント
初期費用33,000円116,600円115,500円187,000円137,500円
月額9,900円〜16,500円15,400円17,600円13.200円〜
成婚料無料無料無料220,000円55,000円
年齢層男性30代
女性20〜30代
男性20〜40代
女性20〜40代
男性20〜40代
女性20〜30代
男性30〜40代
女性20〜40代
男性20〜40代
女性20〜40代
サポート少ない少ない普通多い普通
割引情報
(もうすぐ終了)
こちら
体験談男性版→こちら
女性版→こちら
男性版→後日追記
女性版→こちら
男性版→こちら
女性版→後日追記
男性版→こちら
女性版→こちら
男性版→後日追加
女性版→後日追記
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
人気な相談所との比較まとめ

ご覧の通り、他社と比べてもお手軽に使えるので低年収女性からの人気が高くなっています。

やましょ

悩むなら一度、無料相談だけ試すのもおすすめです。

\\無理な勧誘一切なし//

たった2分で予約完了

低収入女だけど結婚を諦めたくない?まとめ!

それではまとめです。

低収入でも結婚を諦めたくない女性が取るべき行動としては次の通り。

また、一番婚活費用を抑える方法は「少ない期間で終わらせてしまうこと」です。

そのために最高効率で結婚まで進めることができる結婚相談所が人気です。

やましょ

悩むなら一度、無料相談だけ試すのもおすすめです。

\\無理な勧誘一切なし//

たった2分で予約完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次