同棲してくれない彼氏とはすぐにでも別れるべき3つの理由!リアルな男性心理も告白

悩む女性

彼氏が同棲してくれない…

早く結婚したいのにな。。。

こんなお悩みを解決します。

恋愛関係は順調だと思っていたのに、「一緒に住む」という話になると彼の反応はいつも鈍い。

あなたと彼氏との間で同棲に踏み切れない理由、それは一体何なのでしょうか。

この記事では、同棲を拒む彼氏の本音とその背景にある心理を紐解きながら、カップルが直面するこの問題をどのように解決していけばよいのかを探っていきます。

結論としては次の3つ。

  • いい男でも結婚願望がなければ意味がない
  • 女性はなるべく若い方が有利
  • 隠れて結婚相談所を活用する女性は多い

早速本題いきましょう。

やましょ

\最初から結婚前提で会える/

身元や収入の証明必須だから安心

目次

同棲してくれない彼氏の心理8選

近年、カップル間で見られる生活スタイルの一つに同棲がありますが、中にはそれを望まない男性は多いです。

理由は多岐にわたりますが、ここでは代表的な8つをご紹介します。

詳しく解説していきます。

結婚願望がない

結婚願望のない男性は、同棲を結婚に一歩近づく行為と捉えることが多く、それが婚姻への責任と義務を強く意識し、恐れる結果を招いていると考えられます。

そうした男性にとって同棲とは、彼らの自由を制限し、一人の女性に縛られることを意味するため、結びつけたくないのです。

また、結婚生活を否定的に捉えている場合、さらに同棲にさえ踏み込めないこともありえます。

その背景には、両親の離婚の影響や、友人の離婚話に耳を傾けた経験から、結婚生活に対する否定的なイメージを強く持っている可能性が考えられるでしょう。

一人暮らしが心地良い

独りで生活することに満足している男性は、現状を変えることに抵抗感を覚えます。

趣味やプライベートタイムを大切にし、一人の空間を楽しんでいるため、他者の存在が生活に介入することへの拒絶反応を示すのです。

また、現在の環境やルーティンが、自らのアイデンティティを形成している一部であり、それを変えることで自分自身が失われることを恐れる心理も働いています。

彼らは、自身の時間を誰かと共有することで自由が奪われ、生活パターンや価値観の調整にストレスを感じることを避けたいと考えているのです。

遊べなくなるのが嫌

「遊べなるなる」とは、おそらく「遊びたくなくなる」ことを意味していると解釈します。

つまり自由で遊びたい欲求を持つ男性にとっては、同棲は遊び心を失うリスクを伴います。

一人でいるときには自分の判断で遊び計画を立てられますが、パートナーと同棲すれば、それを共有し、相手の意見も尊重する必要が生じます。

そのため、パートナーと常に時間を合わせなければならないストレスや、友人との付き合いが制限される不満が噴出し、結果的に遊ぶ時間が減少することを恐れるのです。

彼らにとっては、趣味や友人との付き合いがリフレッシュの手段であり、同棲によってそれが脅かされると感じるため、消極的になる傾向にあります。

引っ越し資金がない

経済的な理由で同棲をためらう男性もいます。

引っ越しには多くの費用がかかり、新たな生活を始めるための家具や家電の購入も必要となります。

自身の財政状態が安定していない場合、先立つものがないことで圧倒されることがあります。

また、同棲を通じて人生における共同出資者となることに対するプレッシャーを感じることもあるでしょう。

財政面での不安が大きいと、結婚後の生活も支えられないのではという不安を抱えることになり、それが同棲をためらう大きな障壁となるのです。

仕事が忙しく同棲どころじゃない

仕事に追われる日々を送る男性にとって、同棲は負荷が大きいと感じられます。

職に対する責任感が強く、それが生活の中心である場合、パートナーと過ごす時間を確保することが難しいと感じるためです。

疲れて帰宅した後にパートナーの要求に応え続けることで、余計なストレスが生まれる恐れがあります。

仕事に専念することを優先させたいと考える男性は、同棲を避ける傾向があり、そういった選択は自身のキャリアに集中するための手段となることが多いです。

職場など活動エリアから遠ざかる

男性が活動するエリアや日常のルートが変わることに対する抵抗感も同棲を躊躇させる原因となります。

彼の仕事場や友人の居住地から離れた場所で同棲を始めると、いつもの生活パターンが大きく乱れる恐れがあります。

通勤時間の増加や交流圏からの遠ざかりは、彼にとって大きなデメリットと受け止められるでしょう。

そういったライフスタイルの変化に慎重な男性は、自分の活動拠点を維持したいという願望から、同棲に消極的になるのです。

同棲に良いイメージがない

過去の経験や周囲の話から、同棲に対して否定的なイメージを持っている男性もいます。

トラブルや別れなどネガティブな出来事を聞き、それらが頭に焼きついていると、同棲に対するリスクを過大に感じることがあります。

そうした男性にとって、同棲はトラブルの元と恐れる存在となりえます。

自分自身が同じ失敗を繰り返さないためにも、同棲という選択から避けて通ることで心理的安全を確保しようとします。

単純に引っ越すのが面倒

何事にも手間をかけたくない男性は、引っ越しに伴う手続きや準備を煩わしいと感じることがあります。

面倒な作業を避けて、いい加減に日々を送りたいという態度から、同棲を躊躇するのです。

単純な怠惰から同棲を避けようとする心理は、大きな変化に対する拒否反応とも言えるでしょう。

パートナーに対する愛情よりも自身の快適な生活を優先させる傾向にある男性には、同棲よりも現状維持が適していると感じられるためです。

同棲させる5つの工夫

同棲したいと考えているものの、彼氏がそれに消極的な場合、様々な工夫で心を動かすことが可能です。

単に同棲の利点を訴えるだけでなく、彼氏の心情を理解し、柔軟なアプローチを試みることで、同棲という新たなステージに進むことができるかもしれません。

以下に、彼氏を同棲へと導くための具体的な工夫を5つ紹介します。

自立の姿を見せる

依存しがちな態度を改め、自立したパートナーとして魅力をアピールしましょう。

ただ単に一緒に住むことの便利さを説くよりも、自分の生活をしっかりとマネジメントできることを示すことが大切です。

それにより、彼氏も同棲によって自己の生活スタイルが脅かされないと分かれば、受け入れられる可能性が高まります。

例えば、自分の趣味やキャリアに対する姿勢をしっかりと持つことで、彼氏があなたの自立性に安心感を抱くでしょう。

コミュニケーションの充実

同棲を拒む根底には、コミュニケーション不足がある場合も少なくありません。

オープンで率直な対話を心がけ、彼との信頼関係を深めることが重要です。

どんなに些細なことも、話し合い、お互いの価値観や未来について語り合うことで、同棲への抵抗感を和らげることができます。

また、彼氏の不安や懸念をしっかりと理解し、それに対する解決策を一緒に考えることも大切です。

プライバシーの尊重

お互いのプライバシーを守ることは、同棲生活において非常に重要です。

同棲を渋っている彼氏にとって、一人の時間や空間を失うことの不安が大きな要因かもしれません。

そこで、例えば、それぞれのプライベートなスペースを確保する計画を提案することで、安心感を与えることができます。

個々の時間を持ちつつ、共に過ごす時間の価値を高めるバランスを見つけることが肝心です。

共同生活のビジョンを共有

彼氏が同棲に前向きになるきっかけは、具体的な未来のビジョンも大切な要素です。

お互いが理想とする生活スタイルや目標を話し合い、同棲がその実現に向けたステップであることを理解してもらいましょう。

責任分担や家事のルールなど、同棲後の具体的な生活設計を一緒に行うことで、彼の同棲に対する抵抗感を減らすかもしれません。

トライアル同棲を提案

いきなり完全な同棲生活を始めるのではなく、期間を限定したトライアル同棲を提案してみてはいかがでしょうか。

短期間、同じ屋根の下で生活してみることで、実際に同棲生活がどのようなものかを体験することができます。

その経験を通じてお互いの生活スタイルや価値観の違いを把握し、問題点を改善する機会にもなるでしょう。

同棲してくれない彼氏とはすぐに別れるべき理由3選

同棲を望むものの、彼氏からの反応が鈍かったり拒絶されたりする場合、それは関係を見直す重要なサインかもしれません。

同棲を通じてより親密な関係を築きたいという希望が叶わないのであれば、そのままの関係を続けるのは得策ではないです。

ここでは、同棲に応じない彼氏と別れを選ぶべき理由を3つ挙げていきます。

結婚への価値観の違い

結婚に対する考え方が一致しないカップルは、将来的なトラブルの原因にもなりえます。

特に結婚願望が強いあなたにとって、同棲への拒否は結婚への意思のなさを象徴している可能性が高いでしょう。

彼が結婚に消極的である一方で、あなたがそれを強く望んでいる場合、価値観が一致しないまま時間を浪費することは、結果として双方にとって最良とはいえません。

やましょ

だからこそ、最初から結婚の価値観が共有できる結婚相談所へ入会する女性が増えています。

\顧客満足度6年連続No.1/

81%が1ヶ月以内にお見合い成立

信頼関係が確率できてない

同棲を拒むことは、必ずしも信頼関係が築けていない証拠ではありませんが、お互いにしっかりと信じ合っている関係であれば、自然と同棲への一歩を踏み出しやすいもの。

彼氏がどうしても同棲を嫌がるのであれば、それはあなたへの信頼が100%ではない可能性があります。

信頼関係が不足している状況で関係を続けることは、未来における不安を生み出す原因となりかねません。

自己成長の妨げ

一方で望み、他方で拒否される状況は、自己成長や幸福感に悪影響を及ぼす可能性があります。

自分の人生において何を望んでいるのか、どのようなプロセスを経てそれを実現したいのか、という点で一致していないパートナーとの関係は、ストレスや挫折感をもたらすことがあります。

自分自身の幸せと成長を第一に考え、そうした関係を清算することが、時には新しい道を切り開くために必要です。

最初から結婚前提で出会える結婚相談所が人気

同じ過ちを繰り返さないために、次の人は結婚(同棲)が前提での出会いが必須です。

そこで、多くの女性が活用するのが結婚相談所です。

彼女たちは以下のようなメリットで入会を決めています。

それぞれ解説します。

結婚相談所人気ランキングTOP3を解説!選ぶときの注意点も公開

あわせて読みたい
【実体験】ibj加盟店ランキングを解説!おすすめの結婚相談所の選び方も公開(2024年6月最新) 結婚相談所ってどうやって選べば良いの? 考えるのも面倒だから間違いないところを教えてほしい… こんなお悩みを解決します。 この記事では実際に結婚相談所を3社以上使...

結婚したい男しかいないので効率的

結婚相談所は、結婚を前提とした真剣な出会いを求める場所です。

彼氏がいるにも関わらず参加する女性にとって、こうした環境は非常に効率的です。

すでに結婚願望を持っている男性としか出会わないため、恋愛の段階から結婚意識を共有でき、目的が明確です。

その結果、恋人との関係が長期化していても結果に結びつかない状況を打開しやすくなります。

ゴールを共有することでスムーズな関係構築が期待でき、無駄な時間を過ごさないで済むのです。

平均年収が高く堅実な男が多い

結婚相談所を利用する男性は、収入や学歴などの基準を満たしていることが多々あります。

女性としては、経済的な安定やしっかりした教育背景を有することで、将来の家庭生活に対する信頼が築けます。

また、結婚相談所はプロフィール情報が明確であり、相手の職業や収入などを事前に把握しやすい特長もあります。

これにより、結婚後の生活設計が立てやすくなり、精神的な安心感に繋がるのです。

プロのサポートがあり心強い

結婚相談所では、経験豊富なカウンセラーがマッチングをサポートしてくれます。

このプロの支援があるからこそ、結婚への道がスムーズになります。

プロフィールの作成からデートのアドバイス、時には交際中のトラブル解決に至るまで、様々な局面で専門家の手助けを受けることができます。

自力で相手を探すよりも、適切なサポートを得ながら理想のパートナーと出会える可能性が高くなるわけです。

やましょ

実際に半年で結婚できた女性の体験談もまとめています。

ゼクシィ縁結びエージェントで結婚できた体験談(35歳女)イケメンからアプローチ!

あわせて読みたい
【35歳女】ゼクシィ縁結びエージェントで結婚できた体験談!こんな私でも良い人が見つかった! ○ゼクシィ縁結びエージェントってどんな男がいる?○結婚できたコツを知りたい こんなお悩みを解決します。 コスパ最強として人気の高いゼクシィ縁結びエージェントです...

同棲してくれない彼氏とはすぐにでも別れるべき3つの理由まとめ!

それではまとめです。

同棲したがらない男性心理としては次の8つ。

また、彼がいつまでも同棲してくれないのなら、早く別れるべきです。

女性の場合、どうしても年齢が若いほうが婚活では有利。

結婚したい女性にとって、結婚する気のない男性と付き合い続けるのはリスクでしかありません。

最悪、彼氏と付き合いながらでも良いので、結婚相談所などで同時進行しながら婚活を進めていくほうが効率的です。

特に、一番人気はリーズナブルに使えるゼクシィ縁結びエージェントになります。

やましょ

不安なら一度、無料相談だけ試すのもおすすめです。

\無理な勧誘一切なし/

1分で完了!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次