40過ぎて結婚してないやつは大抵何かおかしい?未婚者100人にインタビュー!

悩む女性

40過ぎて結婚してないってなんかちょっとね…

いい人なんだけど40オーバーか…

こんなお悩みを解決します。

2023年現在、男性の未婚率は以下の通りです。

  • 40代前半→30%
  • 40代後半→26%

日本における40代未婚者の割合は、社会の変化とともに増加しています。

しかし、「40にもなって未だ結婚してないとなると何かあるんだろうな…」

こんなふうに勝手にイメージを膨らませる人も少なくありません。

そこで、実際に筆者が40代未婚者100人にインタビューしてきました。

結論から伝えると次の3つ。

  • 結婚することで自由が減るのを恐れる人が多い
  • 既婚者でも独身者でもおかしい人はおかしい
  • 誠実な40代男性と結婚するなら結婚相談所一択

早速本題いきましょう。

目次

40過ぎて結婚してないやつは大抵何かおかしいと言われる3つの要因

こういう風潮が根強い理由にはさまざまな社会的背景があります。

40過ぎて結婚してないやつは大抵何かおかしいと言われる要因は主に次の3つ。

それぞれ詳しく解説しますね。

伝統的価値観の影響

日本における結婚観は、長きにわたり伝統的な家族像に支えられて発展してきました。

戦後の高度経済成長期には、多くの人が結婚と出産を通じて家族を築き、社会に貢献するというライフスタイルを理想としていましたが、

これにより「結婚=社会人としての成功」という図式が生まれ、独身でいることに対する偏見が形成されてしまったのです。

社会の大きな流れとしては変化してきていますが、残念ながらそのような先入観はすぐには払拭されません。

周囲のプレッシャー

親や友人、職場など、身の回りの人々からの期待や質問は、未婚の人々にとってストレスの一因となっています。

特に親からは「いつ孫の顔を見られるのか」という話が頻繁に出され、まわりの結婚や出産の話題によって、「自分もそうあるべきか」という圧力を感じることが少なくありません。

このような状況が、40歳を越えて未婚の人が「何か問題があるのでは」と見なされることに繋がっているのです。

メディアや広告の影響

ドラマ、映画、CMなど、私たちの周囲には結婚を素晴らしいものとして描写するメディアコンテンツが溢れています。

これらが創り出す美しい家族像があまりにも強烈で、それに当てはまらない生き方をする人々が「普通じゃない」と見なされるあいまいな基準を作り出しています。

しかし、これはあくまでも一つの理想像に過ぎず、多様な生き方が尊重されるべき現代では、新たな価値観への転換が求められているのです。

40代未婚者100人に「結婚しない理由」をインタビューしてみた

筆者の職場やプライベートでの40代未婚者100人にインタビューをしてみました。

実際に話を聞いてみると、その背後には多種多様なストーリーがありました。

その中でも特に多かった結婚しない理由TOP5をランキング形式でお伝えすると次の通りです。

詳しく見ていきましょう。

自由度を減らしたくない

多くの人が、独身でいることによって得られる自由を大切にしています。

結婚生活は多くの時間と責任を伴いますが、それを負うことなく自らの趣味や興味を優先できるという意見が多数を占めました。

自分の空間や時間を自由にコントロールできる点に価値を見出し、それを手放したくないと考えている人がいます。

やましょ

特に、自由が減ることに怯える人が一番多い印象でした。

経済的に厳しい

結婚や子育てには経済的な負担が伴います。

特に独身時代に築いたライフスタイルがある中、それを維持しながら家庭を支えることに不安を感じる人もいました。

また、結婚となると金銭面での制約が増えると考えることから、結婚に踏み切れないケースもあります。

安定した収入や貯金がないと結婚に前向きになりづらいと感じる人も少なくありません。

やましょ

最低でも貯金300〜500万はないと結婚できないという意見が多かったです。

理想のパートナーが見つからない

「結婚したいが、理想の相手と出会えていない」という声もあります。

人それぞれに求める条件があり、その理想が高いと感じる相手と巡り合うことが難しくなることがあります。

歳を重ねるにつれて相手への要求レベルが上がる傾向もあり、これが理想の相手との出会いを妨げているとの意見もありました。

特に40代ともなると社内でもそれなりのポジションになり、仕事も忙しく「恋愛する暇がない」という意見も多かったです。

恋愛のトラウマ

過去の恋愛や結婚で失敗経験があるため、再び人生を共にする人を見つけることに消極的になっているケースです。

以前の結婚生活が上手くいかなかったおかげで、自分の中で結婚に対するネガティブな印象が強まり、再婚に慎重になっている人もいました。

また、一度も結婚してない人には、浮気や振られた経験が未だ忘れられず、婚活に前向きになれないパターンも多いようです。

自己実現への追求

キャリアや夢など、自分自身の実現に重きを置いている人もいます。

仕事や趣味等で成し遂げたいことが多く、それに向けて全力を注いでいるため、結婚の優先度は後ろに回ってしまっているのです。

自分の人生目標を達成することに価値を見出し、そのために結婚よりも自己実現を優先させている人たちは全体の3割ほどいました。

以上のインタビュー結果から明らかになった通り、40代で結婚していない人々にはそれぞれに合理的な理由や価値観が存在しています。

  • 見た目レベル
  • コミュニケーション能力
  • 人柄

いずれにせよ、40代で未婚だからといって「何かおかしい」と判断してしまうのはあまりにも乱暴かな?というのが筆者の総評でした。

40代と結婚するメリット・デメリット

40代と結婚する際には、いくつかのメリットとデメリットが考えられます。

人生の豊かな経験を活かして理解ある関係を築けること、恋愛よりも深い結びつきを重んじる傾向があることなど、メリットも多いです。一方で、デメリットとして挙げられる場合もあります。それぞれについて詳しくみていきましょう。

メリットデメリット
自己理解が深い
経済的・精神的な安定が見込める
社会的ネットワークが広い
柔軟性の欠如
子どもを持つのが難しくなる
価値観の違いへの調整
40代と結婚するメリット・デメリット

メリット

40代と結婚することのメリットは少なくありません。

人生経験が豊富で、自己理解が深まっているため、相手に対する理解が深く、円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

ここでは3つのメリットを解説していきます。

自己理解が深い

40代に至るまでの時間は、人としての深い成長を促します。

自分の価値観や生き方、人生における何を重視するかが明確になり、その自己理解がパートナーとの関係構築に役立つのです。

自己理解が深いことで、無理のない関係を築きやすく、相手を尊重した上での共同生活が期待できます。

経済的・精神的な安定が見込める

多くの場合、40代はキャリア形成の中盤から後半に差し掛かる時期であり、比較的経済的に安定していることが一般的。

財産や資産の蓄積があれば、二人のライフプランを設計する上で、経済的な余裕が生まれやすいです。

また、40代ともなると20〜30代と比べていろんな人生経験が豊富です。

経験が多い分、精神的にも落ち着いてる人が多いため、「余裕のある大人な雰囲気」がタイプの人にはピッタシです。

社会的ネットワークが広い

社会人として長い期間を過ごしてきた40代は、幅広い世代や職種の人々とのネットワークを持っていることが多いです。

この広い社会的ネットワークは、様々な情報の入手や人間関係の構築に役立ち、二人の生活の質を向上させる可能性を秘めています。

デメリット

一方で、40代と結婚することにはデメリットも存在します。自己との時間を大切にするあまり、柔軟性に欠けることもあり、また仕事やプライベートで忙しい中で新たな家族関係を築くことには多くの労力が必要になります。

ここでは3つのデメリットを見ていきましょう。

柔軟性の欠如

年齢を重ねるごとに、生活のリズムや習慣が定着し、新しい環境や変化に対応するのが難しくなることがあります。

パートナーとの生活では合意形成や妥協が必要不可欠ですが、それが難しい場合が考えられます。

子どもを持つのが難しくなる

40代では、子どもを望むカップルにとって、妊娠へのリスクや時間的制約が大きくなります。

子どもが成人するまでの時間、または高齢の親として子育てに直面する可能性を考えると、生活設計がより複雑になるでしょう。

価値観の違いへの調整

40代になると、個々の価値観や世界観が確立しており、パートナーとの間に価値観の違いが浮き彫りになることがあります。

異なる価値観への理解や共有が、二人の関係を築く上で課題となることも少なくありません。

結婚するなら結婚相談所一択

年齢を重ねるごとに、出会いの場は自然と限られてきます。

だからこそ、結婚を真剣に考えるなら結婚相談所が最適だと、実体験を通して感じました。

同年代を対象にしたリアルな出会いを提供し、多くの人々が生涯の伴侶を見つけています。

結婚相談所をおすすめする理由としては次の3つ。

それぞれ見ていきましょう。

マッチングアプリと結婚相談所はどっちがいい?違いや比較表を両方経験した筆者が解説

40代の会員が多い

結婚相談所では、30〜40代の会員が最も多く、年齢層が合致するため共通の価値観を持つ人々が集います。

生活経験も豊かで、結婚に対する具体的なイメージを持つ方も少なくありません。

そうした環境は、対話を通じてお互いの理解を深め、繊細な配慮が求められる年代にとっても心強い支えになります。

実際に多くの会員がマッチング成功を収め、充実した人生を送っています。

本気で結婚したい誠実な人しかいない

結婚相談所には遊びや一時的な関係を求める人はほとんどいません。

真剣な交際を目指し、結婚を前提にしたお付き合いを希望する誠実な会員が大部分を占めています。

そんな環境にあるため、安心して交際を進め、心から信頼できるパートナーを見つけることができるでしょう。

深刻な真剣に人生を共に決めたいと願う人々が集まる場所、それが結婚相談所の強みです。

身元や収入・独身の証明が必須

結婚相談所では、身元の確かさ、収入、独身であることの証明が必要です。

これは会員同士の信頼関係を確立し、安全な出会いを提供するためです。

入会時に提出されるこれらの証明は、お互いに不安なく交際をスタートさせるための鍵となり、将来への確かな一歩を踏み出すサポートを提供しています。

マッチングアプリは既婚者だらけ?→怪しい時の見抜く心理・特徴10選

40過ぎて結婚してないやつは大抵何かおかしい?まとめ!

40代未婚というと一昔前では少々周囲の目が厳しかったかもしれませんが、現代では生き方が多様化しており、全く問題視されることはありません。

結婚相談所を利用する40代未婚者は、自分の人生を真摯に考え、しっかりとした近い将来のビジョンを持っている人が多いのです。

窮屈な固定観念に囚われずに、オープンマインドで人生のパートナーを見つける機会を広げてみてはいかがでしょうか。

おすすめの出会い方は、最初から結婚したい人と出会える結婚相談所です。

スクロールできます
ゼクシィ縁結び
エージェント
オーネットツヴァイサンマリエパートナー
エージェント
ロゴオーネットツヴァイパートナーエージェント
初期費用33,000円116,600円115,500円187,000円137,500円
月額9,900円〜16,500円15,400円17,600円13.200円〜
成婚料無料無料無料220,000円55,000円
年齢層男性30代
女性20〜30代
男性20〜40代
女性20〜40代
男性20〜40代
女性20〜30代
男性30〜40代
女性20〜40代
男性20〜40代
女性20〜40代
サポート少ない少ない普通多い普通
割引情報
(もうすぐ終了)
こちら
体験談男性版→こちら
女性版→こちら
男性版→後日追記
女性版→こちら
男性版→こちら
女性版→後日追記
男性版→こちら
女性版→こちら
男性版→後日追加
女性版→後日追記
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
人気な相談所との比較まとめ

この中でも筆者が実際に使ったゼクシィ縁結びエージェントがコスパが良くておすすめです。

安いだけでなく毎月20人にお見合い申込みができたり、顧客満足度でも6年連続No.1という実績もあります。

【30代男】ゼクシィ縁結びエージェントの体験談&感想ブログ→かわいい人も多い!

やましょ

まずは無料相談だけでも受けてみましょう。

お急ぎください

\\入会金無料はもうすぐ終了//

※変な勧誘一切なし

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次