恋愛結婚の離婚率はなぜ高い?うまくいってる夫婦にインタビューしてみた

悩む女性

恋愛結婚ってなんで離婚率が高くなるの?

私だってちゃんと好きになった人と結婚したい…

こんなお悩みを解決します。

実は、恋愛結婚の離婚率はおおよそ40%に対し、お見合い結婚の離婚率は10%と言われています。

ではなぜ、恋愛結婚の離婚率がここまで高いのか。

やましょ

どうせなら、ちゃんと好きになった人と結婚したいと思いますよね。

そこで、この記事では恋愛結婚の離婚率が高い理由や、うまく言ってる夫婦へのインタビュー結果をお伝えしていきます。

結論としては次の3つ。

  • 価値観の確認不足と経済的な理由で離婚
  • 好きの気持ちは時間と共に冷めがち
  • 結婚相談所での結婚は離婚率が低い

人気の結婚相談所もまとめています。

ibj加盟店ランキングを実体験から徹底解説!結婚相談所を選ぶときのポイントも公開

あわせて読みたい
ibj加盟店ランキングを実体験から徹底解説!結婚相談所を選ぶときのポイントも公開 結婚相談所ってどうやって選べば良いの? 考えるのも面倒だから間違いないところを教えてほしい… こんなお悩みを解決します。 この記事では実際に結婚相談所を3社以上使...
目次

恋愛結婚の離婚率が高くなる要因TOP5

恋愛結婚が破綻するケースを多く目の当たりにすることができる現代において、どのような要因が離婚率を上昇させているのか、TOP5を取り上げていきます。

それぞれ見ていきましょう。

相互理解の不足

恋愛の盛り上がりによって結婚に至るケースでは、結婚生活における相互の価値観や生活習慣の不一致が顕在化することがしばしばです。

例えば、恋愛期間が短い場合、冷静な判断が欠けていたり、本質的な部分に目が向けられず、後に大きな問題となり得ます。

経済問題

夫婦間の経済観念の違いは、トラブルの大きな源泉。

恋愛結婚で燃え上がる感情が先行してしまうと、現実的な経済状況に対する認識が後回しになりがちです。

やがて、結婚生活の中でお金に関する価値観の違いや生活のプレッシャーが表面化すると、離婚への道を辿ることも多いのです。

コミュニケーション不足

恋愛だけが結婚生活を支えるわけではありません。

結婚後もずっと優れたコミュニケーションが必要です。

夫婦がお互いを理解し合うためには、日々の対話が欠かせませんが、コミュニケーションが十分でないと誤解や不信感が募り、結果として離婚に至る事態にもなりかねません。

外部の影響

第三者の介入は恋愛結婚において離婚を引き起こす要因の一つです。

家族や友人などの外部からの圧力や意見が、夫婦間の決断に影響を与えることがあります。

また、浮気や第三者との不倫が発覚するケースも離婚への大きなきっかけとなるでしょう。

期待と現実のギャップ

恋愛結婚に対する理想と結婚生活の現実とのギャップに直面することは少なくありません。

結婚前の甘い期待が、日常生活の中で徐々に薄れてゆき、自分が望んでいた結婚像との違いに愕然とすることから離婚に繋がるケースがあります。

恋愛結婚でうまくいってる夫婦にインタビュー

僕の知り合いで、恋愛結婚して10年経つ夫婦がいます。

今でも仲良しでラブラブな二人なので、「せっかくならコツを聞きたい!」と思い、インタビューしてみました。

詳しく見ていきましょう。

ふたりの馴れ初め

二人の出会いは大学時代のサークル活動。

同じバスケサークルで一緒になったとのことで、ご主人が今の奥さんに一目惚れしたとのことでした。

やましょ

二回も振られた旦那でしたが、3回目の告白で、とうとう奥さんが折れたらしいです。

大学を卒業し、社会人になって3年目に結婚する流れになりました。

二人がうまくいってる理由

恋愛結婚では特に離婚率が高くなるはずが、お二人は結婚から10年経った今でも仲良しです。

なぜそんなにうまくいってるのか聞いてみました。  

中でも強調していたのが、「お互いの理解と尊重」という言葉。

結婚生活においては、何よりもパートナーを理解し、尊重することが重要であると語られていました。

また、些細な感謝や日常のコミュニケーションを怠らないことが幸せな結婚生活を作る基盤となっているようです。

恋愛結婚をする人へのアドバイス

言うまでもなく、恋愛結婚は単に「好きだから」という感情だけでは成立しません。

長期にわたる結婚生活を考慮した上で、相手の価値観や生活習慣を深く知ることが求められます。

また、経済面での計画性や将来設計の共有も非常に重要。

恋愛だけでなく、現実を見据えた冷静な意思決定が必要になるため、結婚を考える段階でしっかりと相談し合うことをお勧めします。

お二人の場合、恋愛結婚と言えど事前に結婚について話し合っていたみたいなので、結婚後のギャップが少ないのかなと感じました。

やましょ

事前に起こりうる問題がある程度把握できていれば、恋愛結婚でも離婚せずに済むかもしれませんね。

結婚相談所(お見合い結婚)での離婚率が低い3つの要因

婚活を進めるにあたり、結婚相談所を利用する方が増加しています。

なぜなら、恋愛結婚よりお見合い結婚の方が離婚率が圧倒的に低くなるからです。

また、勘違いしてる人も多いですが、お見合い結婚でもきちんと好きになって結婚するパターンも多いです。

なぜお見合い結婚の離婚率が低いのか、3つの理由を深堀りしていきましょう。

詳しく解説していきます。

多数の離婚パターンに詳しい仲人の存在

結婚相談所には長年の経験を持つ専門の仲人が存在し、その仲人がカップルの婚活をサポートします。

仲人は多くの離婚例を目の当たりにしており、その経験から何が結婚生活を継続する上で重要かを知っています。

仲人は成婚に至るまでの過程で、相性の良いカップルを見つけ、お見合いのセッティングからアドバイスまで幅広くサポート。

また、カウンセリングを通じてお互いの価値観や結婚に対する真剣さを確認し、両者にとって最善のパートナーを見つけるお手伝いを行います。

このようにして、仲人は離婚リスクを抑えるための配慮を行っており、それが低離婚率に繋がっているのです。

収入や学歴など重要項目が事前にわかる

結婚相談所では会員登録時に収入や学歴、職業といった情報が明らかにされます。

この透明性が結婚生活におけるトラブルを未然に防ぐ重要な要素です。

経済力は結婚生活を送る上で重視されることが多く、金銭感覚の不一致はしばしば離婚の理由となります。

しかし相談所を利用する場合、事前にこうした情報が共有されているため、金銭面でのトラブルが起こりにくいのです。

また、価値観や教育水準が近い者同士が出会いやすい環境も提供されており、結婚後の生活の相性も把握しやすく、それが長続きするための基盤を築きます。

結婚生活のことを考えて相手を選べる

結婚相談所を利用する際、会員は将来の結婚生活におけるリアルな想像をもってパートナーを選ぶ傾向にあります。

恋愛結婚が感情に基づく部分が大きいのに対し、結婚相談所では結婚生活において重要な要素を考慮しながら相手を探すことができます。

例えば子どもの有無や教育、生活スタイル、価値観など、さまざまな面での相性をじっくりと吟味できます。

恋愛感情だけでは見えてこない実生活の一面を確認し、共通の目標を持ったパートナーと出会える確率が高まるため、結婚後の満足度が高く、離婚率が下がると考えられています。

恋愛結婚の離婚率が高くなる要因まとめ!

それではまとめです。

恋愛結婚の離婚率が高くなる要因としては次の5つ。

また、恋愛結婚でも、事前に起こりうる問題を把握し、十分に話し合えば離婚せずに長続きするかもしれません。

とはいえどうせなら、なるべく離婚率の低い出会い方を選ぶべきです。

そこで、結婚相談所の活用をおすすめします。

このような理由から、離婚率は低くなります。

スクロールできます
ゼクシィ縁結び
エージェント
オーネットツヴァイサンマリエパートナー
エージェント
ロゴオーネットツヴァイパートナーエージェント
初期費用33,000円116,600円115,500円187,000円137,500円
月額9,900円〜16,500円15,400円17,600円13.200円〜
成婚料無料無料無料220,000円55,000円
年齢層男性30代
女性20〜30代
男性20〜40代
女性20〜40代
男性20〜40代
女性20〜30代
男性30〜40代
女性20〜40代
男性20〜40代
女性20〜40代
サポート少ない少ない普通多い普通
割引情報
(もうすぐ終了)
こちら
体験談男性版→こちら
女性版→こちら
男性版→後日追記
女性版→こちら
男性版→こちら
女性版→後日追記
男性版→こちら
女性版→こちら
男性版→後日追加
女性版→後日追記
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
人気な相談所との比較まとめ

相談所の選び方がわからない人へ。

筆者のおすすめはゼクシィ縁結びエージェントです。

価格も安く、顧客満足度も6年連続No.1。

気になる方はまずは無料相談だけでも試してみてください。

やましょ

なぜ離婚率の低い結婚ができるのか、より深く聞けるはずです。

お急ぎください

\\入会金無料はもうすぐ終了//

※変な勧誘一切なし

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次