婚活がめんどくさい?結婚したいけどモチベーションが下がる原因と解決策を経験者が解説

悩む女性

結婚はしたいけど、なんか、もう疲れた…

さっさと結婚するにはどうしたら良いの?

こんなお悩みを解決します。

婚活をしていると、メッセージのやり取りをしたり、週末は休み返上でアポの予定を入れたり、何かとめんどくさいことばかりですよね…

そこでこの記事では実体験のある女性に体験談ベースで解決策を書いてもらいました。

結論としては次の3つです。

  • 本当に結婚したいのか考え直す
  • 結婚するメリットを全て書き出す
  • 面倒が省ける結婚相談所がおすすめ

\\結婚したいだけなので面倒な工程が省ける//

独身や収入の証明があるから安心

目次

婚活がめんどくさいと感じる原因を実体験から解説

まずは婚活がめんどくさいと感じてしまう根本的な原因をお伝えしていきます。

それが以下の4つの内容です。

それぞれ解説していきますね。

自分の時間が減る

みなさん、平日、休日はどのように過ごしていますか?

私は平日は20時頃まで仕事、その後、晩ご飯や家事をして就寝。

休日は仕事がなければ、家事や趣味に時間を使っています。

ただですら、仕事と家事に時間を取られているのにも関わらず、マッチングをするか分からない婚活相手にも、自分の貴重な時間を使うのが、ツラいと感じていました。

「一体、何人と同じやりとりをしないといけないんだ…」

「化粧をして、服を選ぶのがめんどくさい…」

「土日に自分の時間を割いてまで会わないといけない…体力的にしんどいなぁ」

「これって何回繰り返したらいい人に会えるんだ、無駄な時間じゃないの?」

「会う時間に寝たい。」

特に、脈がないと思った人と会った後には、

「これならペットと一緒に過ごす時間に費やしたかった・・・」(私はウサギを飼っています)

と帰った後に、虚しくなる日も。

職場や学校でパートナーに出会った場合は、日常生活の中で相手との仲を深めることができます。

しかし、婚活は、不特定多数の人に対して「わざわざ会う時間を作る」必要があり、自分の時間を減らす要因になっていることが、ストレスになるのではないでしょうか。

良い男性に出会う自信がない

私は過去にあまりいい恋愛経験をしていません。また、職場でもいい男性にも恵まれず、男性に対して、いいイメージを持つことができませんでした。

そのため、

  • 過去の恋愛経験
  • 男性へのトラウマ

から新しく恋をすることが怖くなっていました…。

私のトラウマや恋愛経験

  • 2年付き合った彼に結婚願望が無いことが発覚→破局
  • 5年交際した彼と倦怠期が続く→破局
  • 職場のモラハラセクハラ上司による男性不審

「次のパートナーにも結婚の意思がないと言われたらどうしよう」

「倦怠期が来て、また相手に飽きてしまう、飽きられてしまったらどうしよう」

「悪い男を捕まえてしまったらどうしよう」

先が見えないだけに、心配をしても仕方がないけれど、過去の自分の恋愛や周囲の男性にいい思い出がないだけに不安が次々と膨れ、次に進むのが怖くなります。

新しい人に会うワクワクよりも、「どうしよう」と不安の方が大きく。

過去の恋愛や男性にいい思い出がない場合は、新しく恋をする自信がないのではないでしょうか。

良い男はすぐ売り切れる?残ってない?いい男に選ばれる女性の特徴を実体験ベースで解説

メンタルがしんどい

婚活は残酷なことが繰り返し起こります。婚活が途中でめんどくさくなるのは、この原因が一番多いのではないでしょうか。

私の婚活の時のテンションをご紹介します。

「初めまして〜!今日は会っていただく時間を作って下さって、本当にありがとうございます!!!!!よろしくお願いします!!」

一体、何個びっくりマークが付くんだろうという高いテンションで初対面の人と話をしていました。明るい雰囲気で、相手を楽しませなければ…。いい人なら次に発展させなければ…と気を張り、相手に気を使っていました。

そんな私がメンタルがしんどいと思った理由は3つ。

  • 相手に気を使いすぎる
  • マッチング数が自分の評価だと感じてしまう
  • 先が見えない

具体的な流れを見てみましょう。

  1. 初対面の人と会う時に気を使う。
  2. 自分をよく見せようとして迷走
  3. よく見せてるにも関わらずマッチせず
  4. 良いと思う人ほどマッチせず落ち込む
  5. 全部自分のせいにする。
  6. 終わりが見えなくて不安になる

こんなツラい思いをして相手を探す必要があるのか、本当に相手が見つかるのか?と不安がよぎります。

私の友人は全員、「婚活はツラい」とコメントしています。

婚活は自分の体力と精神力との戦いです。

精神的なツラさから解放されたいという気持ちが強くなるのではないでしょうか。

結婚のデメリットを考えてしまう

私は一人暮らしが長く、結婚を考えるとついデメリットを考えてしまいます。

  • 1人の時間が奪われる
  • 出費が増える
  • 移住地や家事分担など決め事が増加
  • 手続きが多い
  • 義理両親との関係性が増える

結婚までに乗り越える道が長すぎる!役所や銀行の手続きがめんどくさいし、結婚しないでパートナーのままでいてもいいか…。独身でもいいか…。と、思ったり。

結婚したいと思って婚活をするはずなのに、なぜかデメリットを思い浮かべて、このままでいいんだ…と自分を納得させてしまいます。

特に婚活がうまくいっていない時はさらにモチベーションが下がり、デメリットを考えがちです。

おすすめの解決策

婚活がめんどくさいと感じる原因を解説した上でおすすめの解決策は次の3つです。

メリットを書き出してみる

私はなかなかこの人とまた会いたいと思う人に出会えず、

「なんで婚活を始めてしまったんだろう、、、疲れた、、、」

と、婚活に対して前向きになれない日が続き、人と会うのが嫌に思える日も。

「そもそもなんで婚活を始めたんだっけ。」

と、ふと思い、初心に戻り、メリットを書き出してみることに。

  • 退職後に一緒に過ごす相手が欲しい
  • 喜怒哀楽を共感する相手が欲しい
  • 誰かのために生きたい
  • 頼り頼られたい
  • 親が安心する

「そうだった。だから婚活を始めたんだった。」

なんだかスッキリ。再スタートをきれました。

自分の中で「なぜ結婚したいのか」の答えを出すことで、ツラいときも、そのメリットに向かって活動することができます。

妄想する

婚活がうまくいかず、めんどくさくなった時は、パートナーができた時のことを妄想し、婚活に対して楽しいイメージを作っていました。

特に私の場合は、

  • パートナーができた時に一緒に楽しむためのアイデアを持ちたい
  • 今までのパートナーにいい感情がながったのでプラスの感情を持ちたい

と思っていました。

そのため、

春は吉野の桜を見にいって、

夏はかき氷を食べにいって、

秋はドライブデートでご当地グルメを食べにいって、

冬は相手に鍋料理を作ってもらいながら、自分はこたつで寝て…

といった、しょうもない妄想を考えては、にやける日々。

妄想をしていると、パートナーができた時の楽しいイメージが具体化されます。

さらに、お見合い相手に会う時に、「自分が妄想したデートは、この人とできるか?」と相手を判断する材料にもなります。

不思議ですが、お見合いをしていると、妄想した光景に、お見合い相手の顔を想像できる時と想像できない時とはっきり別れました。

うまくいくイメージを持つことも大事ですよね。

婚活をポジティブに捉える

婚活であまりにもマッチングしないとどんどん落ち込んでいきます。自分に自信がなくなった時こそ、婚活をポジティブに捉え、楽しむことをオススメします。

「趣味は旅行なんですね。今まで行った中でどこが一番楽しかったですか?」

「インドネシアです。ご飯も美味しくて、遺跡も多くてオススメです。」

「インドネシアのどこですか。今度行ってみたいので、行ったお店とか詳しく教えてください!」

もし脈ありな男性であれば、このまま会話を楽しんで次のステップへ。

しかし、完全に脈がないと感じた時には、自分にとってメリットのある時間だったとポジティブに捉えることをオススメします。

私の実践では、

  • 自分の知見を広げる
  • 会話練習だと割り切る
  • 自分の利点を教えてもらう

など。

スーパーポジティブに考えると、脈がない人であれば、

「今日も私の会話のレベルが上がった。サンキュー」

くらいの気持ちでいる方が

「やっぱり私はダメなんだ…」

と思うよりも、心が健全です。

お互い、一人の時間を使って会っています。

婚活は普段では会わないような人とも会えるチャンスです。お見合い相手に会うことで、自分の時間が奪われると考えるのではなく、自分の今まで知らなかった情報や自分を知るチャンスだと、ぜひポジティブに捉えてみてください。

婚活しないほうがいい・休んだほうがいい女性の特徴

ここまで婚活について色々解説しました。

とはいえしんどい時に無理をしすぎるのも良くありません。

婚活をお休みした方がいい人の特徴を書いていきます。

ネガティブになって気持ちがしんどい

婚活をするとかなり精神的にダメージがあります。

おそらく、婚活を心から楽しめる人はごくわずか。。。

婚活をしていると、

  • 気疲れ
  • 緊張感
  • 自信喪失
  • 落胆
  • 焦り

ネガティブな気持ちが沢山出てきます。

初対面の人へはもちろん気を使うし、いいと思った人ほど、マッチングをしない。

マッチングしたと思ってもメッセージを無視されたり…と自分に自信がなくなることが普通に起こります。

「もう、人と会うのは嫌だ。」

と涙が勝手に流れるときもありました。

何も失っていないはずなのに。

なんで自分はこんなに話すのが上手くないのか、自分はコミュニケーション能力が低いのか、なんで自分ではだめなのか、全然いい人と出会えないし時間だけが過ぎていく…

ネガティブな考えばかりが頭によぎり、ツラい気持ちでいっぱい。

心が悲鳴をあげていました…。

そんな時、ふと自分の顔を見ると、

目は地面を見て、口角は下がり、自信なさげな顔を常にしていることに気がつきました。

こんな顔じゃ、誰もいいと思ってくれないですよね。

婚活疲れは「マッチングをしない悪循環」を招いてしまいます。

婚活で「あ〜しんどい〜」と言っている間はまだ頑張れるかもしれませんが、気持ちが沈み、涙を流したり、友人にすら話せない、気持ちが塞がって何も手がつけられない行動があった場合は、婚活から距離を置くことをオススメします。

ずっと走り続けていたら疲れるのと一緒で、婚活もずっと走っていると疲れてしまいます。

気持ちをリセットして、ゆっくりしましょう。

本当は結婚したい気持ちが低い人

婚活をしている中で、「本当にこの人、結婚したいの?」という人に会ったことはありませんか。友人の話をします。

「私、姉も友人も結婚するから、焦って結婚相談所入ったんだ」

さて、この友人はどうなったかというと、6ヶ月相談所に通い、結局結婚せずに退会しました。

理由は、

  • 前の彼氏が忘れられない
  • 結婚をすぐにしたいと思わない

とのこと。

「結婚相談所で何十人にもお見合いをしたけど、別に前の彼氏ほどいい人もいないし、付き合ってもいいと思う人はいても、結婚したいかというと分からない。

そもそも、一人でもいいと思ってしまって、本気で行動できないんだよね。」

男性とのマッチングをしても、デートが3回以上続くことはなかったそうです。

「おいおい、それって、相手に失礼じゃないか?」

少し苦笑いをしてしまいました。

結婚相談所は本気で結婚をしたい人のための場所です。

中にはお見合い料を取られている男性もいます。

会ってくれる男性にも失礼ですよね。

本気で結婚したいと思うまで、結婚相談所にはいくべきではないです。

時間もお金も無駄になってしまいます。

長期間続けても実りがない

長期間続けているのに、結果が出ない場合も婚活を一度休むべきです。

これは、1年以上婚活を続けていた友人の話です。

「今月は3人とお見合いしてきたわ!通算30人目。私、頑張ってるでしょ」

「もはや婚活じゃなくて、会う人の数が目的になってる!一体何人に会ったらゴールなの?」

と、ついツッコミを。

「沢山のお見合い数を乗り越えた私、エライ」

に目的が変換されていますね。

婚活は結婚することを目的に始めたはずなのに、なぜか「何人と会いました」ということがステータスに。頑張っている自分=会う人数と考えており、全然本来の目的が達成されていません。

そんな時は、

  • なぜ婚活を始めたのか
  • 自分の強みは何なのか

を改めて考えるためにも、一度婚活を休憩することをオススメします。

婚活がめんどくさいけど結婚したいならラクに進める「結婚相談所」がおすすめ

婚活はめんどくさい…。けれどメリットの方が大きい。と思った私は、35歳の時に婚活をスタート。

最初は婚活アプリを活用しその後、結婚相談所に登録し結婚しました。

結婚相談所に入会を決めた理由は次の3つです。

ここでは、簡単に私の婚活について書きたいと思います。

アプリは嘘だらけ

結婚の意思がなかった前のパートナーと別れて半年後(自然消滅なので1年以上かも)、

ようやく思い腰を上げて婚活を始めた私。

当時35歳のため、かなり婚活は苦戦を強いられました。

私は、より安い金額で活動したいという思いから、マッチングアプリで婚活をスタート。

結婚相談所よりも年齢を気にすることなく活動はできましたが、次の特徴がありました。

  • ヤリモクや既婚者が多かった
  • プロフィールに嘘が多い
  • 真剣に活動してる人が少ない

マッチングアプリ男が隠れヤリモクだった!→誠実な男性の特徴を元経験者が徹底解説

マッチングアプリでは、5人の男性と会いましたが、プロフィールに何かしらの嘘があったり、

写真が実際と異なったりと、「この人は本当のことを言っているのか」と常に疑っていました。

結局、交際まで進めた男性とも、プロフィール上の嘘が原因でお別れすることに。

ゼクシィ縁結び体験談(35歳女)年収で嘘?危ない?実体験から徹底解説

本気で結婚したい人しかいない

マッチングアプリで破局した後、これではいけないと思い、結婚相談所に登録。

いいご縁が見つかり、すぐに結婚することができました。

結婚相談所の特徴として、以下のようなことがあります。

  • 各種、証明書必須なので嘘つけない
  • 本気で結婚したい人しかいない
  • プロのサポートがある
あわせて読みたい
マッチングアプリと結婚相談所はどっちがいい?違いや比較表を両方経験した筆者が解説 ◯マッチングアプリがうまくいかない...◯結婚相談所との違いを知りたい こんなお悩みを解決します。 この記事では実際にアプリも相談所も使った筆者が、2つの違いを婚活...

私は4人と会いましたが、どの男性も誠実で、結婚意欲のある人たちでした。

確かに結婚相談所はマッチングアプリよりも値段は高いですが、「安心・信頼」という点では情報や身元が確実です。

マッチングアプリの「人を疑う」という精神的なプレッシャーや、本気で結婚をしたい人を探す時間を考えると、安いと感じました。

結婚相談所での活動詳細は、こちらで紹介しているので、ぜひご覧ください。

結婚までの期間が短い

結婚相談所の活動は、大まかにお見合いの後、

  1. 仮交際(何人と付き合ってもOK)
  2. 真剣交際(ここでは1人のみ)
  3. 婚約
  4. 成婚退会(結婚)

という流れです。

結婚相談所にもよりますが、仮交際や真剣交際に進んだ人がダラダラと交際を続けることを防ぐため、

数ヶ月で結婚意思を固めなければいけないというルールがあるところが多いです。

そのため、3~6ヶ月ほどで成婚退会される人が多いのが特徴です。

やましょ

それだけ、結婚を本気で考えている人が多いという証拠ですね。

実際、私も仮交際1ヶ月、真剣交際2ヶ月で婚約という短期間の活動でした。

通常は、何かしらの「タイミング」で結婚する流れになりますが、

結婚相談所では、期限が定められている分、男性も女性も結婚の判断がしやすく、早い決断をすることができます。

早く結婚をしたいという気持ちが強い人には、間違いなく結婚相談所をオススメします。

ちなみに、私が結婚できたゼクシィ縁結びエージェントでは、割引があるので今だと月9,900円のみで使えるみたいです。

【2023年11月】ゼクシィ縁結びエージェントの入会金無料キャンペーンと無料カウンセリングの予約方法を解説

婚活がめんどくさい?結婚したいけどモチベーションが下がる原因と解決策→まとめ

「婚活がめんどくさい?」と聞かれると、間違いなくとほとんどの人が答えるでしょう。

しかし、考え方を変えると、自分が成長するきっかけを与えてくれる人にたくさん出会えるチャンスでもあります。

そして、「本当に結婚をしたいのか」を考え、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

それでもやはり「結婚をしたい」と思うのであれば、頑張るしかありません。

私は35歳からの婚活だったので、本当にモテずにツラく、活動も嫌になっていました。

しかし、めんどくさい気持ちを乗り越え、結婚相談所で、短期間で結婚することができました。

めんどくさい気持ちやツラさを乗り越えてこそ、良いパートナーと出会えると信じています。

もし、結婚をしたい人は、婚活では「年齢が若い=武器」になります。

できるだけ早く婚活をすることをオススメします。

\\結婚したいだけなので面倒な工程が省ける//

独身や収入の証明があるから安心

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次